今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAワイドゴールドカードとJCBの組み合わせ

普段あまりクレジットカードを使う機会のない方は、「年会費なんてバカらしい」とできるだけ年会費の割安なカードを選ぶ傾向があります。

 

確かにただ何となく持っているだけで普段の支払いは現金、飛行機にも乗る機会がない…と言うライフスタイルの方なら年会費は安いに越したことはないかも知れません。

 

しかし、年会費が高くなることによってデメリットを感じる人ばかりならば、誰も上級のカードなど持とうとしないでしょう。

 

年会費以上のメリットがあるからニーズがあると考えるのが自然です。

 

例えばANA JCBワイドカードを更にパワーアップさせたANA JCBワイドゴールドカードの場合年会費は14,700円、家族会員でも4,200円かかりますが、ANAカードの中でも特に人気のあるカードの1つとなっています。

 

なぜなら、ANA JCBワイドゴールドカードもANA JCBワイドカード同様、入会時と毎年の利用継続時に2,000マイルの入会搭乗ボーナスを貰えますし、通常のフライトマイルに加え区間マイルの25%が搭乗ボーナスとして加算されます。

 

そして、クレジットカードのポイントをマイルに移行する際も、移行手数料が発生しません。

 

このマイレージ移行手数料無料と言う特典は、まさにゴールドカードならではの魅力です。

 

しかも、日本国内27空港、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジを家族会員一名様まで無料で利用できる空港ラウンジサービスの利用権利もついています。

 

空港ラウンジにはシャワーやマッサージルームなどが用意され、ワインやソフトドリンク、軽食などを自由に飲食できるスペースできます。

 

こういったサービスを考えると、年会費のことは全く気にならないというユーザーが多いようです。

JCBブランド〜ANAワイドゴールドカードとは?関連ページ

JCBブランドのANAカードにはどのような特徴があるの?
ANAカードの提携ブランドの一つにJCBカードがあります。そのメリットと特徴についてここで詳しく解説してみたいと思います。
JCBブランドANA一般カードの特徴とメリット
JCBブランドのANA一般カードにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?その魅力について語ってみたいと思います。
JCBブランドのANAワイドカードのメリットと特徴
JCBブランドのANAカードの中でも、ワイドカードはとても人気の高いカードです。いったいどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?
JCBブランドANAカードの学生専用カードとは?
JCBのANAカードには学生専用のカードがあります。このカードならではのユニークでオリジナルなサービスが学生にとっては魅力的です。
JCBブランドのANAカードZEROってどんなカード?
JCBブランドのANAカードZEROは、5年間年会費が無料になるという非常に魅力的がカードです。年会費は払いたくないけど、ANAカードは持ちたいという人にお勧めです。