今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAカードのグレードはどのようになっているのでしょうか?

ANAカードは三井住友カード株式会社、株式会社JCB、ダイナースカードのシティカードジャパン株式会社、アメックスカードのアメリカン・エキスプレス・インターナショナルによって発行されています。

 

それぞれのカードは一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、学生カード、そして最高ランクとされるプラチナカードの5種類のグレードに大別されます。

 

同じANAカードでも提携先のクレジットカード会社はもちろん、そのグレードによって実際に受けられるサービスや特典は異なります。

 

当然、年会費も異なりますので個々のライフスタイルに応じてじっくり選ぶことが大切です。

 

まず一般カードの場合、基本的に入会時と毎年の継続時にはボーナスマイルとして1000マイルが加算されますし、フライト時には区間基本マイレージの10%が加算されます。

 

そして年会費はJCBとVISA/Masterカード、ANA VISA Suicaカード、ANA To Me CARD PASMO JCBカードが2100円、アメリカン・エキスプレス・カードが7350円となっています。

 

一方ワイドカード、ワイドゴールドカードは入会、継続時に2000マイルのボーナスマイルがもらえ、フライト時の区間基本マイレージも25%獲得することができます。

 

年会費はワイドカードが7612円、ワイドゴールドカードが14700円、ダイナースカードが21000円、アメックスカードが32550円となっています。

 

更に最高ステージとされるプレミアムカードの場合、入会、継続時に10000マイルものボーナスマイルをもらえますし、フライト時も区間基本マイレージも50%加算されます。

 

年会費もJCB73500円、ダイナースが126000円と高額ですが、年会費に見合うだけのマイルやサービスを受けることができます。

ANAカードのグレードはどうなっているの?関連ページ

ANAカードってそもそもどんなカード?
自分に合ったANAカードを見つけるためには、まずはそれがどんなカードなのかを知らなくてはいけません。基本的なことから説明したいと思います。
ANAカードのメリットとデメリット
ANAカードを作る前に、デメリットとメリットについて考えてみることは大切です。そもそもANAカードを持つことのデメリットなどあるのでしょうか?
ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?
ANAカードは使えば使うほどマイルがたまることで人気ですが、ANAカードと言ってもたくさんの種類があります。詳しく説明して見ましょう。
ANAカードとJALカードはどっちがお得?
ANAカードのライバル的なクレジットカードにJALカードがあります。どちらもマイルがどんどんたまるカードとして人気です。この両者はどちらがお得なのでしょうか?
ANAカードの年会費ってどのくらい?
ANAカードはいま非常に人気のあるクレジットカードですが、気になる年会費はどのくらいかかるのでしょうか?ここではANAカードの年会費について書いてみたいと思います。