今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAカードの年会費を比較してみよう

ANAカードに限らず、クレジットカードと年会費の関係は単純に金額だけではそのメリットやデメリットを判断することはできません。

 

年会費無料でサービスが充実したクレジットカードも多いですが、ANAカードのように年会費が必要なカードであっても、実際にはそれ以上のサービスを受けることが出来るカードがほとんどです。

単純に年会費年会費の額だけでクレジットカードを選ぶと、本当にご自身のライフスタイルにあったカードを探す際の支障となってしまいます。

 

基本的にクレジットカードの年会費はそのカードのブランドやグレードによって様々です。

 

一般カードの場合JCBカード、ANA VISA Suicaカードが2100円、アメックスカードが5250円です。

 

ワイドカードになるとJCBカードもVISA/Masterカードも共に7,612円で、ワイドゴールドカードの場合、JCBカード、VISA/Masterカードが14,700円、ダイナースカードが221,000円、そしてアメックスゴールドカードが32,550円です。

 

更に学生カードはJCBカード、VISA/Masterカード共に1,207円に設定されています。

 

また、例外的に「ANA JCBカードZERO」は29歳以下の社会人と言う条件さえ満たせば、5年間年会費無料で使用することが可能で、家族カードも年会費がかからないという非常に魅力的なカードです。

 

現在ANAカードがこれほど人気になっている背景には、その年会費以上の魅力を多くの人が感じているからに他ならないでしょう。

ANAカードの年会費ってどのくらい?関連ページ

ANAカードってそもそもどんなカード?
自分に合ったANAカードを見つけるためには、まずはそれがどんなカードなのかを知らなくてはいけません。基本的なことから説明したいと思います。
ANAカードのメリットとデメリット
ANAカードを作る前に、デメリットとメリットについて考えてみることは大切です。そもそもANAカードを持つことのデメリットなどあるのでしょうか?
ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?
ANAカードは使えば使うほどマイルがたまることで人気ですが、ANAカードと言ってもたくさんの種類があります。詳しく説明して見ましょう。
ANAカードとJALカードはどっちがお得?
ANAカードのライバル的なクレジットカードにJALカードがあります。どちらもマイルがどんどんたまるカードとして人気です。この両者はどちらがお得なのでしょうか?
ANAカードのグレードはどうなっているの?
ANAカードには、サービスの内容によって何種類かにグレード分けされています。また、提携会社によって様々な種類のANAカードが発行されています。