今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAカード対JALカードの対決の結果は?

JAL(Japan Airlines)こと日本航空が提供している「JALカード」は、ANAカードのライバルカードとしてよく比較される対象です。

 

実際ANAカードとJALカードはANAカード独自のANAマイレージクラブによるANAマイル、JALカード独自のJALマイレージバンク(JMB)によるJALマイル、と非常に似たマイレージシステムを展開しています。

 

また「フライト時に貰えるマイル」、「入会・継続時にプレゼントされるボーナスマイル」、「ショッピング時のマイル加算システム」など共通点も多く、ANAカードとJALカードのどちらを選ぶのかは好みと申しますかANAマイルを貯めるかJALマイルを貯めるかの違いになってしまいます。

 

要は限りなく引き分けに近いカードと言うことですが、実際にANAカードを使用しているユーザーに聞くとショッピングマイルに関しては電子マネーEdy機能サービスを開始したANAカードの方がやや抜きん出ているそうです。

 

確かにJALカードもWAON機能を搭載したカードを用意していますが、現在のところイオングループでしか利用できないWAONより全国各地のコンビニやレストラン、家電量販店など幅広い場面が使うことができるEdyの方が使い勝手が良いのは事実です。

 

更に提携航空会社の数でもANAはJALに勝っています。

 

JALの提携航空会社は合計14社と発表されていますが、ANAは30社以上の航空会社と提携していますから、その分だけフライトマイルを獲得できるチャンスが増えますし、獲得したマイルを利用できる場面も多くなる筈です。

ANAカードとJALカードはどっちがお得?関連ページ

ANAカードってそもそもどんなカード?
自分に合ったANAカードを見つけるためには、まずはそれがどんなカードなのかを知らなくてはいけません。基本的なことから説明したいと思います。
ANAカードのメリットとデメリット
ANAカードを作る前に、デメリットとメリットについて考えてみることは大切です。そもそもANAカードを持つことのデメリットなどあるのでしょうか?
ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?
ANAカードは使えば使うほどマイルがたまることで人気ですが、ANAカードと言ってもたくさんの種類があります。詳しく説明して見ましょう。
ANAカードの年会費ってどのくらい?
ANAカードはいま非常に人気のあるクレジットカードですが、気になる年会費はどのくらいかかるのでしょうか?ここではANAカードの年会費について書いてみたいと思います。
ANAカードのグレードはどうなっているの?
ANAカードには、サービスの内容によって何種類かにグレード分けされています。また、提携会社によって様々な種類のANAカードが発行されています。