今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAカードの種類について知りましょう

ANAカードの種類は非常に多く、加入者のライフスタイルによって様々なカードから選択することができます

 

ANAカードの分類方法にも色々ありますが、オーソドックスな分け方だと一般的なクレジットカード機能のついた「ANAカード」、条件を満たせば5年間年会費が無料になる「ANA JCBカードZERO」、電子マネーのEdy機能が搭載された「ANAマイレージクラブカード」、「ANAマイレージクラブ+多機能カード」の4種類に大別可能です。

 

まず、基本の「ANAカード」はJCB、VISA/Master、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの一般カード、ワイドカード、ワイドゴールド、プレミアムカードの他、Suica機能が搭載された「ANA VISA Suicaカード」、定期券を載せることができるPASMO機能搭載の「ANA To Me CARD PASUMO JCB」などがあります。

 

年会費に抵抗を感じる方は29歳以下の社会人だけが入会できる「ANA JCBカードZERO」がお勧めで、5年間年会費を支払わずにJCBクレジット機能を使用したり、マイルを貯めることが可能です。

 

また、クレジット機能を利用しない方であれば、入会金や年会費のかからない「ANAマイレージクラブEdyカード」、「ANAマイレージクラブカード」の2種類から選択できる「ANAマイレージクラブカード」もお勧めです。

 

更に「ANAマイレージクラブ Financial Passカード」、「みずほマイレージクラブカード/ANA」、「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード」、「PiPuCa ANAマイレージクラブカード」、「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」など様々な機能のついたANAカードもあります。

ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?関連ページ

ANAカードってそもそもどんなカード?
自分に合ったANAカードを見つけるためには、まずはそれがどんなカードなのかを知らなくてはいけません。基本的なことから説明したいと思います。
ANAカードのメリットとデメリット
ANAカードを作る前に、デメリットとメリットについて考えてみることは大切です。そもそもANAカードを持つことのデメリットなどあるのでしょうか?
ANAカードとJALカードはどっちがお得?
ANAカードのライバル的なクレジットカードにJALカードがあります。どちらもマイルがどんどんたまるカードとして人気です。この両者はどちらがお得なのでしょうか?
ANAカードの年会費ってどのくらい?
ANAカードはいま非常に人気のあるクレジットカードですが、気になる年会費はどのくらいかかるのでしょうか?ここではANAカードの年会費について書いてみたいと思います。
ANAカードのグレードはどうなっているの?
ANAカードには、サービスの内容によって何種類かにグレード分けされています。また、提携会社によって様々な種類のANAカードが発行されています。