今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


カードを作る前にANAカードのメリットとデメリットを知ろう

ANAカードの入会をご検討中の方にとって気になるのが、ANAカードを所有することのメリットとデメリットだと思います。

 

特に気になるのがデメリットでしょうから、最初にANAカードの問題点をピックアップしてみたいと思います。

 

とは言ってもANAカードは非常に総合力のある優秀なカードで、「明らかに他のカードよりも劣っている」と言うデメリットは見当たりません。

 

提携先も三井住友カードやJCB、国際ブランドとして世界的な知名度を誇るアメックスカードなど信頼性も抜群です。

 

強いてデメリットを挙げるとすれば、いずれのクレジットカード、グレードにしても基本的に年会費がかかることでしょうか。

 

最近は年会費永年無料のクレジットカードも珍しくありませんが、ANAカードのクレジット付帯カードに関しては基本的に年会費が必要です。

 

学生カードでも1207円の年会費がかかりますし、最も年会費が高いANAアメックスゴールドカードの場合、年間32550円が必要となります。

 

ただし入会時には最低でも1000マイル以上のマイレージが貰えますし、継続利用する度に毎年入会ボーナスと同程度のANAマイルを獲得することができますので、実質的には年会費を支払っても損をすることはありません。

 

むしろ他のカードよりもポイント獲得の場面が多く、優待特典や付帯保険などマイル以外のサービスも充実しているので、メリットの方が大きいカードです。

 

また、29歳以下の社会人と言う条件さえクリアすれば、5年間年会費が無料になるANA JCBカードZEROと言うカードもありますから、是非チェックしてみて下さい。

 

ANAカードのメリットとデメリット関連ページ

ANAカードってそもそもどんなカード?
自分に合ったANAカードを見つけるためには、まずはそれがどんなカードなのかを知らなくてはいけません。基本的なことから説明したいと思います。
ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?
ANAカードは使えば使うほどマイルがたまることで人気ですが、ANAカードと言ってもたくさんの種類があります。詳しく説明して見ましょう。
ANAカードとJALカードはどっちがお得?
ANAカードのライバル的なクレジットカードにJALカードがあります。どちらもマイルがどんどんたまるカードとして人気です。この両者はどちらがお得なのでしょうか?
ANAカードの年会費ってどのくらい?
ANAカードはいま非常に人気のあるクレジットカードですが、気になる年会費はどのくらいかかるのでしょうか?ここではANAカードの年会費について書いてみたいと思います。
ANAカードのグレードはどうなっているの?
ANAカードには、サービスの内容によって何種類かにグレード分けされています。また、提携会社によって様々な種類のANAカードが発行されています。