今、最も人気のANAカードがソラチカです。



飛行機(ソラ)でも地下鉄(チカ)でもポイントを貯めたいわがままな人にぴったりなANAカードが、今話題の「ソラチカ」です。

ANAカードとPASMOが一枚になった大変便利なカードです。

ソラチカの詳細はこちら


ANAカードがどんなカードかをまず知りましょう

「ANAカード」とは「ANA」や「全日空」の略称でもお馴染みの日本の航空会社「全日本空輸グループ(All Nippon Airways Co)がカード発行会社と提携して提供しているクレジットカードのことです。

 

ANAカードのオーナーは自動的にANA独自のマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」の会員となり、様々な特典やサービスを利用することが可能です。

 

現在ANAカードと提携しているクレジットカード発行会社はJCB、VISA/Masterカードを発行している三井住友カード、アメックスことアメリカンエキスプレス・カードとダイナースカードを発行するシティーカードジャパンになります。

 

また、それぞれのクレジットカードで一般カード、ゴールドカード、ワイドゴールドカードなどグレードに応じてカードが用意されていますし、年会費や特典、マイレージに関するルールなども別々に取り決められています。

 

ANAカードを所有するメリットは色々ありますが、このカード最大の魅力と言われているのはANAのオリジナルマイレージサービスである「ANAマイレージクラブカード機能」でしょう。

 

普段のフライトやお買い物でANAマイルが貰えるのはもちろん、入会ボーナスとして1000マイルから2000マイルをいきなりプレゼントされますし、毎年継続する度に入会ボーナスマイルと同程度のANAマイルが加算されます。

 

つまり、カードを持っているだけで大量のボーナスマイルを獲得することが可能ですから、普段あまりカードを使わない方にとって旨みのあるカードと言えるでしょう。

 

ANAカードってそもそもどんなカード?関連ページ

ANAカードのメリットとデメリット
ANAカードを作る前に、デメリットとメリットについて考えてみることは大切です。そもそもANAカードを持つことのデメリットなどあるのでしょうか?
ANAカードの種類にはどのようなものがありますか?
ANAカードは使えば使うほどマイルがたまることで人気ですが、ANAカードと言ってもたくさんの種類があります。詳しく説明して見ましょう。
ANAカードとJALカードはどっちがお得?
ANAカードのライバル的なクレジットカードにJALカードがあります。どちらもマイルがどんどんたまるカードとして人気です。この両者はどちらがお得なのでしょうか?
ANAカードの年会費ってどのくらい?
ANAカードはいま非常に人気のあるクレジットカードですが、気になる年会費はどのくらいかかるのでしょうか?ここではANAカードの年会費について書いてみたいと思います。
ANAカードのグレードはどうなっているの?
ANAカードには、サービスの内容によって何種類かにグレード分けされています。また、提携会社によって様々な種類のANAカードが発行されています。